自然循環型社会の創生を目指して グリーンキーパー様の痒いところに手が届くサービスを

「下肥」も「金肥」の一つ

江戸時代初期の、宮崎安貞著「農業全書」には、田畑を肥やすものとして「苗肥」(緑肥)、草肥(堆肥)、「灰肥」(草木灰)、泥肥(池や川などの底に溜まった土)の4種類を挙げています。

この時代、主要な肥料として売買されたものに、「下肥(人屎尿)」「植物油粕」と「魚肥」が数えられています。これらが、金銭がかかる肥料という意味で「金肥」と呼ばれていました。

 

主な作物が「米」であったために、田植えの準備期間3月~5月が高く、夏場には極端に安くなったようです。また、驚くことに人屎尿にランクがあり、大奥、大名屋敷のものが「きんばん」、街角の辻便所のものが「辻肥」、町民の長屋便所のものが「たれこみ」、牢獄や留置所の便所のものが「お屋敷」と呼ばれ、価格が異なったようです。・・・屎尿も売れたので、売買に関するいざこざも多く、証文や裁定記録に文書として残されているものが散見します。・・・

 

肥料成分が分析されていなかった江戸時代でも、栄養価の高い食べ物を食べている人の「屎尿」が高く設定されていたのです。高エネルギー食品、脂肪、蛋白質は、土壌にも作物にも、高エネルギーを与えるのです。

但し、そのままではエネルギーの移動はできません。そこには、必ず微生物が関与しています。腐敗や醗酵、微生物分解にも一定のルールあります。

好気性醗酵は嫌気性醗酵の約20倍の速度あり、また、動物性有機物は植物性有機物よりも、はるかに早く分解します。その分、「肥料当たり」もします。

 

江戸時代は、山も川も丘も人の手入れが行き届いており、里山の風景には「屎尿の溜池」があり、屎尿は原則として、「臭いが消えるまで1年間」寝かせました。

 

下肥は水田の一反につき肥桶20荷、肥舟50荷、平均して1町歩の水田には4艘の肥舟が必要であったようです。かなり高額な肥料であったようです。

しかし、これよりも高価だったのが、「植物油粕」と「干し鰯」「干し鰊」ですが、こちらは商品価値の高い、綿や紅花、藍や煙草や茶などに使われました。

 

 

バイオ普及会の最新トピック

「サッチコントロール」の重要性

セミナーの1月号に「マ〇〇が語る科学の原理」という記事に「有機物管理の5つのポイント」が掲載されています。 グリーンキーパー、或いはグランドキーパーを長い間、経験されて来られた人たちは、一様に「サッチのコントロール」こそ …

農暦と芝草管理③

「農暦」と芝草管理 ③ 現在、地球はサイクル的には「氷河期」へと向かっています。寒くなっているのです。 ところが、現実は「温暖化現象」です。 これは、一部の狭い国土の国々で、有史以来無かった「化石エネルギー」の放出が原因 …

”農暦”と芝草管理②

”農暦”と芝草管理② 現在の新暦の2月4日(本年の立春)前後が、旧暦の1月1日になり、まだまだ寒さの厳しい時期です。ところが、2017は1月28日が旧暦の「正月」になっています。一週間ばかり早いのです。このことは、通年よ …

”農暦”と芝草管理

「農暦」と芝草管理 (1) 本来、西洋の「太陽暦」は「農作業」の指標としては適切でありません。 インド、中国、台湾、周辺諸国で「太陽暦」を採用している国は、日本くらいのものです。日本の農業の衰退と関係しているのかもしれま …

「あんな話、こんな話」

コラム「あんな話、こんな話」絶賛更新中!! (様々な角度から、物事の本質を紐解いていくよう、努めてコラム化しております。) 是非、ご閲覧ください!

徒然なるコラム:あんな話、こんな話

「下肥」も「金肥」の一つ

江戸時代初期の、宮崎安貞著「農業全書」には、田畑を肥やすものとして「苗肥」(緑肥)、草肥(堆肥)、「灰肥」(草木灰)、泥肥(池や川などの底に溜まった土)の4種類を挙げています。 この時代、主要な肥料として売買されたものに …

江戸時代の「草肥」(堆肥化肥料)

江戸時代の「草肥」には、三種類ありました。 広葉樹の若葉や新芽、或いは新柴(新芽の小枝)を水田に敷き詰めて堆肥化して、鋤き込むもの。(刈敷) 柴と草を交互に積み重ねて、腐熟化させたものを鋤き込む。(堆肥) 柴や草を厩舎に …

江戸時代の「緑肥」(苗肥)

江戸時代に「苗肥」と呼ばれた「緑肥」がありました。   緑肥というのは、栽培した植物を枯らしたり、腐らせたりすることなく、土壌に耕し鋤き込んでしまう土壌改良の方法です。堆肥化する場所も、運搬する手間もかからない …

苗肥 草肥 灰肥 泥肥

江戸時代の江戸町は、初期(1603~1650年)で人口約120万人、約100年後の享保 (1716~1736年)期には、約300万人に達していたと推定されています。 勿論、江戸は徳川幕府の中心都市であり、諸国は独立生産に …

土中の自然堆肥は炭素貯留装置

動物は、植物に付随して生命を維持しています。・・・・一見すると、植物の移動は動物より遅いように感じられます。しかし、事実は植物が先に移動しないと、動物は移動できないのです。・・・・ 簡単に言えば、穀類や果物や野菜などを食 …

天然腐植酸の芝草への効果

腐植物質の機能には、「植物養分供給能」「植物養分保持能」「植物生育促進能」「土壌の団粒形成能」などが知られています。   イネ科の幼植物試験で灰色低地土腐植酸がイネの根の成長を促進、マグネシウムの吸収を促進する …

「フミン酸」と「フルボ酸」

前述した「土中の腐植物質の存在」の項で、腐植の三分類について説明を致しました。「腐植酸(フミン酸)」「フルボ酸」「ヒューミン」の分類方法です。 前項で説明しましたように「人工再生腐植物質」は、「泥炭」「褐炭」などを硝酸で …

底土の底力

前筆、江戸時代の「泥肥」の項で、「田圃の底土」について触れておきました。 「田圃の底土」は、静岡県の温室メロン栽培で、以前は「床土」に使われていました。また、「田圃の底土」を一握り放り込めば、たちどころに「汲み取り便所の …

土中の腐植物質の存在

土壌に残っている難分解有機物で腐植が進んだものを「腐植物質」と呼んでいます。 酸、アルカリの溶液に対する溶解性の違いで、三つに分類されています。 腐植をアルカリ等で抽出し、得られた溶液に強酸を添加する。 1 アルカリに溶 …

バイオメンテナンスの根幹

バイオメンテナンスの根幹は、ウィルスや細菌や真菌、そして昆虫や動物たちとの共存であり、太古の昔より続いている「自然循環システムを利用した」芝草のメンテナンス方法です。 持続可能で快適な自然空間を提供し、公園やゴルフ場、サ …

金属酵素

酵素の中心に金属イオンが配置され、錯体の形をしています。酵素作用の機作を知る上で直接的なヒントを与えてくれます。・・・その電子状態、旋光性などの物理的な知見が得られやすいのです。・・・ 金属酵素の主な分子生物学的な機能は …

補酵素とは何か

少し前までは「助酵素」と呼ばれていましたが、「酵素」を助ける蛋白質以外の物質を指しています。「酵素」にくっ付いたり、離れたり、或いは一体化してそのまま酵素の一部として存在したり、或いは「離れた場所」から応援していたり様々 …

酵素の種類

消化酵素 脂肪分解酵素 リパーゼ(Lipase) 脂質(lipid)を分解する 蛋白分解酵素 プロテアーゼ(Protease) 蛋白質(protein)を分解する。 澱粉分解酵素 アミラーゼ(Amylase) 澱粉(am …

酵素とは何か

酵素というと、私達は「消化酵素」を思い浮かべます。食べたものが様々な消化酵素によって分解され、吸収され、体内で栄養成分となることを教わりました。 前の章で、「植物の病気」や「土壌での残渣分解」が微生物の働きであることを、 …

生命活動を支えている酵素・補酵素

様々なタイプの「次世代シークエンサー」により、人間をはじめとして地球上の生き物、全ての「生命の設計図」が解読されて来ています。   そして、「塩基配列(ゲノム)」の持つ意味を解釈(アノテーション)しようとする試 …

次世代シークエンサー②

暗証番号をハッキングして、口座から金銭を盗み取る手口は「おれおれ詐欺」などの手口の一端として良く知られて来ています。それで、自身の暗証番号は「生年月日」や「住所番号」や「電話番号」や「結婚記念日」などに設定しないで下さい …

次世代シークエンサー

次世代シークエンサーの普及で、病気の診断、治療、創薬だけでなく、政治や経済の面でも「新たな時代」へと突入をし始めています。 世の中が変わり始めているのですよ。 新型コロナウィルスの感染拡大で、「PCR検査」などという専門 …

ヌクレオシドとヌクレオチド

ヌクレオチドは「5炭糖」と「四つの塩基」が結合したものです。更にこれに「リン酸」が結合したものがヌクレオチドになります。 ヌクレオチドがいくつも重なって、二重螺旋状に巻かれたものがDNAです。 糖がリボースのものは、ヌク …

セントラルドグマ

遺伝情報は、原則として DNA→<複製(Replication)>→DNA→<転写(Transcription)>→mRNA(伝令RNA)→<翻訳(Translation)>→蛋白質 …

 生命の設計図

地球上の生命は、設計図のとおりにできています。その設計図は「核酸」で書かれています。人間の身体も約60兆個の細胞から出来ていて、内臓も筋肉も沢山の細胞から出来ています。植物の細胞も同じです。その細胞の一つ一つに細胞核があ …

植物の細胞壁分解菌は非病原性も存在する

植物細胞壁の分解菌には、病原性が強いものがあります。「生きている細胞」まで分解・侵蝕してしまうので病原性と呼ばれているのです。 フザリウム、ピシウム、リゾクトニアなどがこれにあたります。 ところが近年、これらの微生物が自 …

自然界の難分解性(難循環性)物質

動物の遺体は、髪、爪などの含硫アミノ酸で造られたケラチンと骨格を形成しているカルシウムが最後まで残りますが、比較的短期間で土に還ります。 エビやカニ、昆虫などの外被を纏っているキチンは、セルロースに似た構造のアミノ多糖の …

フルクタンの生成と意味

フルクタンは、主にスクロースにフルクトースが重合した三糖以上のオリゴ糖、及び多糖の総称です。 フルクタンの構造は、ざっくりと大きく大別すると「β(2→1)結合でフルクトースが重合するイヌリン型」と「β(2→6)結合でフル …

貯蔵養分の蓄積と転換

貯蔵養分の蓄積の時期、転換のタイミングは、競技場などの芝草管理には重要なことです。近年、競技の目的より「芽数増加」「葉幅の細い」「腰のあるアップライト」の「小型」の芝草が好まれる傾向にあります。 蓄積養分の蓄積場所として …

バイオメンテナンスとは?

バイオメンテナンスというのは、植物や微生物の生命活動を研究し、その働きを芝草管理(芝草メンテニンス)に活用し、自然に優しい、永続可能な「循環型」の芝草管理(芝草メンテナンス)を意味しています。   従来の「チッ …

気温4℃以下で「霜」に注意

気温が4℃以下になると「霜」の心配が出て来ます。 農暦の24節気「霜降(そうこう)」、72候「霜始降(しもはじめてふる)」は、現代の暦で10月23日~10月24日頃です。 日本国内本州平野部で、11月に入ったら、「霜」と …

肉の鮮度を見分ける

表面が濡れているように見えたり、光って見えたりする肉は、解凍時に細胞内液が滲みだしている「ドリップ」でないか疑いましょう。   電子レンジで解凍は「最悪」 冷凍肉を解凍するのに、電子レンジを使うのは、最悪です。 …

道徳の無い経済は犯罪の温床

お金だけを目的とした生活は殺伐としている。生活に潤いが無い。 最近になって企業も「コンプライアンス」を重視し出しました。 特に、中国大陸では経済成長が目覚ましいのですが、「働く規範」「行動規範」が欠如していたとの反省があ …

藻や苔の発生を観察して見えてくるもの

松茸の菌根菌は、落葉や枯枝などが多いと木材腐朽菌が増殖して、絶えてしまうことが知られています。 腐植物が多いと菌根菌は木材腐朽菌に負けてしまうようです。 同様に、肥料成分や腐植質が少ない、湿気のある岩場や砂地などには、藻 …

植物の抗菌・殺虫成分

植物の持つ抗菌・殺虫成分を生合成経路から追って行くと、「フラボノイド」「アルカロイド」「テルペノイド」が主たる経路であることが分かります。 勿論、その他にも様々な成分が存在しています。   植物の持つ二次代謝物 …

 猛暑の夏 劇寒の冬

気象大変動に対する対策は、芝草の生育環境を良くしてあげることと、芝草の体力をつけておく他に方法はありません。 生育環境は、「日当たり」「水はけ」「風通し」が三大要件です。中でも見落とされがちなのが「根域環境」の整備、「根 …

未分解サッチ=未分解植物性繊維成分

未分解サッチ=未分解植物性繊維成分   芝草の未分解サッチの成分の多くは、セルロース、ヘミセルロース、リグニンなどで出来ています。   これらは、繊維素とよばれているもので、その原料はほとんど「糖」か …

 ゴルフ場の除草剤と苅込軽減剤

私達は、生活の豊かでなかった時代には、経済性を優先して生活をしてきました。 経済環境が悪くなると「予算削減」と「人件費の削減」が優先されてしまいます。 こうなると、経済効率の良い薬剤が選ばれがちになります。殺菌剤ならは、 …

植物の各種、アミノ酸生合成回路阻害

  除草剤の世界的な潮流を見ると、「分岐アミノ酸合成阻害剤」の「ALS阻害剤」即ち「スルホニルウレア系」が全体の半分を占めそうな勢いで伸びています。次が「光合成の阻害剤」、その次が「植物ホルモンの撹乱剤」、その次が「芳香 …

除草剤の作用機構による種類

イネ科の植物には強い毒性を示さないが、広葉雑草に殺草活性を示す「フェノキシ酸系除草剤」の開発から始まり、脂肪合成を阻害する殺草剤は、「ホルモン型除草剤」です。また、「光合成の阻害剤」「分岐鎖アミノ酸合成阻害剤」「冠状アミ …

肥料や農薬の効かせ方

植物の生育する土壌を、植物の生育に適したように改善することが、肥料や農薬を効かせることが最善の方法でした。 しかし、除草剤などの発達により、「葉からの吸収」「根からの吸収」「種子や土中幼植物による吸収」というように、肥料 …

「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」

新型コロナウィルスの活性・伝染力を無くす「ヨウ素の効果」が注目されるなかで、「ヨウ素の効果」に次いで、他のハロゲン元素の「塩素の効果」「臭素の効果」「フッ素の効果」について、再確認をしておきましょう。 「次亜塩素酸ナトリ …

水道水(蛇口水)で「うがい」励行

大阪府の吉〇知事の「〇〇のような本当のはなし」で、「ポピドンヨード液」が新型コロナウィルスに対して効果が期待できるという発表で、 ハロゲン元素について、長々とお付き合い戴きましたが、結論としては 新型コロナウィルスは目・ …

危険な「フッ素」

「フッ素」は非常に強い酸化力があり、猛毒です。 水と反応させると、フッ化水素(HF)と酸素(O2)と一部オゾン(O3)を発生します。 ですから、取扱いさえ簡単で安全ならは、臭素よりも塩素よりも「水の殺菌」には適しています …

臭素(ブロム)と(フロン)ガス

ハロゲン元素の中で、標準酸化還元電位が塩素(Cl2)より低く、ヨウ素(I2)より高い、その中間に位置するのが臭素(Br2)です。 臭素は、英語でbromineです。語源のギリシャ語bromosは「悪臭」という意味です。常 …

ハロゲン置換基命名について

「ハロゲン置換基命名法」 フルオロ>クロロ>ブロモ>ヨード 官能基類命名法 フッ化>塩化>臭化>ヨウ化 淡黄色    黄緑色    赤褐色    黒紫色 F2           Cl …

医薬用外劇物「ヨウ素」 

ポピドンヨードの抗ウィルス効果 かれこれ20年以上昔に「ヨウ素」の製品開発を推進したことがありました。 当時は、「海藻からヨウ素を抽出」という固定概念があり、海藻から伊勢湾を想起して、〇〇化学工業(株)さんの千葉県一宮工 …

「ファクターX」は何か

「ファクターX」は、おおきく3点に絞られて来ています。 (2021/1/10時点) 1 過去のワクチンによる訓練免疫説 ①結核予防のBCGワクチン ②日本脳炎のワクチン 2 交差免疫説 別のコロナウィルスで免疫がついてる …

新型コロナウィルス主な(臨床段階)治療薬2021’1

  製品名 一般名      解 説 1 トリマブ アクテムラ点滴静注 関節リウマチ治療薬。 IL-6阻害剤。免疫の暴走を防ぐ。 2 デキサメタゾン ステロイド剤 抗炎症剤。 中等症、重症患者に投与、強く推奨。 …

生命発展の鍵・ウィルス史

ウィルスについて、新型コロナウィルスのワクチン開発について、調べれば調べるほど疑問が出て来ます。 ウィルスについて、調べると以下のような事に気付きます。 それは、「人はどうして存在するのか」「人はどのように生きるべきか」 …

新型コロナウィルスの各種ワクチン

私の個人的な見解は、「ウィルスの解明=生命の革命」というふうに思っています。 その前に、新型コロナウィルスの感染が、マスコミの力により予想外の反響をもたらしていて、「ワクチン開発のオンパレード」となっています。 人類は、 …

指定感染症2類

新型コロナウィルスは、2020年(令和2年)1月に、感染症法第6条第8項に基づき、「指定感染症」2類感染相当として政令により指定されました。これにより、無症状病原体保有者も適用されることになりました。   新型 …

新型コロナウィルスの防除は可能か

新型コロナウィルスの感染の入り口は、「鼻・鼻腔粘膜・肺」「口・舌・唾液腺・消化器」「眼・血液」「肛門・尿管」「生殖器」と人間の「穴という穴」から侵入しています。 そして、神経系にも障害を与え「臭覚の消失」「味覚の変化」「 …

新型コロナウィルスに「イベルメクチン」が効く??

静岡県の川奈ゴルフ場周辺の土壌から採取した、放線菌の作り出した化学物質「イベルメクチン」で、大村智さんがノーベル賞を受賞したのは2015年のことでした。 アフリカ、中南米のフィラリア感染症「オンコセルカ症」の何千万人の人 …

ファーミキューテス門(デブ菌)を増やす食物

  脂濃いもの ラード、背油、マーガリン、バター、ショートニング、生クリーム、プロセスチーズ 甘いもの 糖質 加工食品 ラーメン、スナック菓子、ポテトチップス 人工甘味料 サッカリン、スクラロール、アスパルテー …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら

製品資料ダウンロード

バイオビジネス普及会入会のお誘い

  • facebook
Copyright © バイオビジネス普及会 All Rights Reserved.