自然循環型社会の創生を目指して グリーンキーパー様の痒いところに手が届くサービスを

人類と異空間生物の存在 酵素と補酵素

(龍神と人神の存在比較)

 私事ですが、ミャンマーという国を旅して、ミャンマーが小乗仏教の国であり、そこは「龍人の域」であることが強く感じられました。人類が文明を築きつつある初期(小乗仏教)の、龍人文化の息吹が感じられるのです。

 このことは、詳しく説明しないと、何のことか誰にも分かりません。

 

 以前、蛇センターで鳥羽医学博士に「蛇の食餌」についてお聞きした時のことを紹介したことがあります。「蛇の食餌」は、1ケ月~2ケ月に1回であること、それで「蛇の糞」は、ほとんどが「爪」や「毛」であることも紹介致しました。完全消化に近いのです。骨も無くなるのです。硫黄結合した含硫アミノ酸で作られたケラチン、シスチンだけが残されて糞として排出されるのです。

 肉体的には完成の域に達していて、水浸けにして、頭だけ出した状態で、1升瓶に浸けておいても、1ケ月以上生きています。こうして、糞、小便を排出させ、臭みを除いて、水を焼酎に入れ替えて「蛇の焼酎浸け」は作られるのです。それにしても、すごい生命力です。

 

 この蛇の「血液」が、イカやタコ、或いはエビやカニなどと同じ「青い血」なのです。酸素と結合している状態で「青い血」に見えます。

 哺乳動物の「赤い血」との違いは、「ヘモグロビン」でなく、「ヘモシアニン」なのです。要するにグロビンという蛋白質の基本骨格がポリフィリン環を作り、その中央に「鉄」が配位しているのが「ヘモグロビン」(ヘムは鉄の錯体)であり、蛋白質に直接「銅イオン」が結合しているのが「ヘモシアニン」なのです。

 因みに、ヘモグロビンと同じようなポリフィリン構造で、中央に「マグネシウム」が配位すると「クロロフィル」になります。植物の葉緑体で「光合成作用」に携わっている「葉緑素」です。ここに、「マンガン」が配位すると「ビンナグロビン」になり、二枚貝の一種であるピンナの血液になります。ここに「バナジウム」が配位されると「ヴァナビンス」になりホヤの血液になります。

 

 そこで、次にこれらの違いは、何なのか検証して行ってみましょう。

 

蛇からも、推測できるように、「ヘモシアニン」を血液に持つ生物は、地球上に酸素濃度が薄かった、5億年~25億年前の生物である可能性が高いのです。そして、地球が変化して酸素濃度を高めなければ、確実に哺乳動物よりも蛇の方が優れた肉体を持っていたのです。

 もし、蛇よりも知能が高い「龍人」が存在していたならば、現在の地球上の人間とは異なった、文明形態を構築していた可能性が高いのです。

 

 

 ヘモグロビンとヘモシアニンの違い

 

 ヘモグロビンは、ポルフィリン環の中央に鉄イオンがあり、そこに蛋白質が結合しています。ヘモシアニンは、銅イオンに蛋白質が結合しています。

 構造的には、ヘモグロビンは、1つの鉄イオンのポリフィリン環が4個結合して、ワンセットになって存在しています。ヘモシアニンは、2つの銅イオンに蛋白質が結合して、普通10個が結合して中空の円柱構造を形成して存在しています。

 こうした構造上の違いで、ヘモグロビンの分子量は64,500であるのに対して、ヘモシアニンは2,500,000以上の巨大な分子構造をしています。

 

 さて、こうした構造上の違いは、酸素の取入れ、運搬という側面からとらえると、断然にヘモシアニンの方が優れています。

 地球上の大気に酸素が少なくなっても、或いは水中で酸素の取入れが困難な環境下でも、ヘモグロビンよりも酸素の取入れ、運搬には優れています。

 但し、酸素は取入れ、運搬が目的ではなく、血液で補給する先の細胞に、酸素を受け渡さなくてはなりません。酸素を離す効率が求められるのです。

 実は、酸素濃度が低い環境下では、これもヘモシアニンの方が優位なのです。

 

 しかし、環境が変わり、酸素濃度が高くなると、こうは行きません。ヘモグロビンの方が有利なのです。

 これを説明するのには、「ボーアの効果」を知らなくてはなりません。

  ボーアの効果とは、血液内のpHにより、ヘモグロビンの酸素解離が変化する効果のことです。その要因は血中の二酸化炭素量です。ヘモグロビンは、二酸化炭素が無いと、取り込んだ酸素のうち18%しか放出できませんが、組織内に二酸化炭素が40mmHgあると約50%、更に80mmHgあると約70%を放出することができるのです。   (「三輪血液病学」)

 

大量生産、大量消費型のヘモグロビンの世界

 

 ヘモグロビンは、鉄イオンを配位したピロール環が4個集まって、1つのユニットを形成しています。これが、酸素欠乏の細胞下では、一挙に酸素を放出します。

 酸素を吸着する場面でも、酸素を吸着すればするほど、吸着性(親和性)が高まります。酸素を吸着していないヘモグロビンよりも、酸素を既に吸着しているヘモグロビンの方が、余裕がある枠内に酸素を吸着します。逆に放出する場面でも、酸素を沢山かかえたヘモグロビンの方が先に酸素を放出します。

 

 どんどん取入れて酸素を使い、それによって更に酸素を取入れ可能にし、一挙に放出することもできるのです。

 要するに、ヘモシアニン型のようにゆったりと完全消化、経済的に着実に使う、不要な争いや殺生はしない、という生物体系でなく、スピードと爆発的なエネルギーで相手を圧倒する、弱肉強食の世界を実現したのです。どんどん消化し、他を制圧してしまう。未消化でも、食いつくす、文明よりも戦いに勝つことが大切、このような生態系を作り出したのです。

 

 先進文明と後進文明

 

 間違って解釈してはならないのは、「完全型文明」が達成された後に、現在の文明が開かれていることです。神の摂理によります。

 

 アバウトで、垂れ流し的な食生活、食い散らかしのような未消化で糞にして排出、セ○○○を快楽として毎日、一年中行う野生人間、自分で子供を育てないで、粉ミルクで代用、他人に保育や勉学を任せてしまう。こんな不届きな生物は初めての出現です。

 

 そして、個々の競争を促し、急速な発展を促す。これが人類です。

 

 因みに、[龍人]がいるとしたら、1ケ月~2ケ月に1度の食事、完全消化で糞はしない。セ○○○は、子孫繁栄の必要がある時にするだけ、子供は他人に任せない、夫婦で育てる。だから人数は少ない。争い事は少ない。

 

 酸素濃度の高い、野蛮で危険な好戦的な人間、でも資本主義と同様に、競争の原理で、個々が叱咤激励の毎日、短時間で精神的にも肉体的にも変化を遂げています。ユラギの世界の中で、なんとなく大発展を遂げています。

バイオ普及会の最新トピック

農暦と芝草管理③

「農暦」と芝草管理 ③ 現在、地球はサイクル的には「氷河期」へと向かっています。寒くなっているのです。 ところが、現実は「温暖化現象」です。 これは、一部の狭い国土の国々で、有史以来無かった「化石エネルギー」の放出が原因 …

”農暦”と芝草管理②

”農暦”と芝草管理② 現在の新暦の2月4日(本年の立春)前後が、旧暦の1月1日になり、まだまだ寒さの厳しい時期です。ところが、2017は1月28日が旧暦の「正月」になっています。一週間ばかり早いのです。このことは、通年よ …

”農暦”と芝草管理

「農暦」と芝草管理 (1) 本来、西洋の「太陽暦」は「農作業」の指標としては適切でありません。 インド、中国、台湾、周辺諸国で「太陽暦」を採用している国は、日本くらいのものです。日本の農業の衰退と関係しているのかもしれま …

「あんな話、こんな話」

コラム「あんな話、こんな話」絶賛更新中!! (様々な角度から、物事の本質を紐解いていくよう、努めてコラム化しております。) 是非、ご閲覧ください!

バイオビジネス普及会 活動の原点に返る

お蔭様で、バイオビジネス普及会の活動もスタートしてから早18年という歳月が流れました。 この活動の原点はどこにあったのか? 当時の会員向け資料からこれを少し振り返ってみましょう。 「バイオメンテナンス」について 「バイオ …

徒然なるコラム:あんな話、こんな話

人類と異空間生物の存在 酵素と補酵素

(龍神と人神の存在比較)  私事ですが、ミャンマーという国を旅して、ミャンマーが小乗仏教の国であり、そこは「龍人の域」であることが強く感じられました。人類が文明を築きつつある初期(小乗仏教)の、龍人文化の息吹が感じられる …

グルコース、グリコーゲン、グルコサミンの関係

 最近、また良く「グルコサミン」の宣伝を目にするようになりました。  良く錯覚することですが、生体の代謝に必要な成分が入っている食品が、直に効果があるわけではありません。栄養価とか必須成分が入っていても、人体に「そのまま …

シェールガスとメタンハイドレード

 シェールガスの発掘でアメリカでは、1年でガス代が半分になりました。それは。頁岩(けつがん)に閉じ込められていた天然ガスを取り出すことができるようになったからというのです。    頁岩のことをshale(シェール)といい …

ビタミンDは補酵素か?

 補酵素として働いているビタミンは、多くが水溶性ビタミンで、脂溶性ビタミンでは、ビタミンKが補酵素です。    即ち、ビタミンBの系統(ビタミンB1,B2,・・B6.・・B12、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチン) …

お口の中のネバネバ対策

 唾液の分泌が少なくなったり、噛合せが悪く口を開けていると口内菌叢に影響が出ます。また、口臭の原因になる代表的な口中の菌類には、歯周病菌や歯槽膿漏菌がいます。  何事も、原因が何かを確かめないと、的確な対策が立てられませ …

ご飯も芝草も同じ栄養分

 ご存知でしょうか ?   私達が食べている「ご飯」と、牛が食べている「牧草」と同じであることを。  成分は同じ「グルコース」・・・「ブドウ糖」のことですよ。   「α–グルコース」が沢山つながっているのが「 …

砂糖への誤解

砂糖への誤解 について 1. 「精製された白砂糖は健康に良くない」という誤解。 2.  その反対に「黒砂糖は健康に良い」という迷信。 3. 「お酒を飲むときには炭水化物の摂取を減らせ」という誤説。 4. 「糖質は糖尿病に …

砂糖の種類 

 砂糖(蔗糖)(スクロース)というのは、化学的には単糖類のフルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)とが一分子ずつ結合した二糖類を指しています。厳密には、主成分の糖を指しています。 単糖類:果糖(フルクトース)   ブ …

温州(うんしゅう)みかんの効用

温州(うんしゅう)みかんの効用 一覧表 含有する有効成分 期待される効果 詳細な解説 d-リモネン 脱毛の予防、発毛促進 血行促進 テストステロンが5-αジヒドロテストロンに変換する酵素5-αレダクターゼを抑制する。 d …

廃棄農産物の利用企業化案

 農業従事者の高齢化、産業廃棄物の処分場の少数化、そして資源のリサイクル化の時代の流れに沿い、静岡県の農産物のうち、資源化・リサイクル企業化が可能な2品目について、利用企業化の企画案を提示してみました。    摘果蜜柑の …

増粘多糖類について (つづき) 

 増粘多糖類は、食品添加物の仲間に含まれます。「高い粘性を持つ、水溶性の多糖類」であり、微妙な触感に影響を与えます。歯ごたえ、舌ざわり、のど越し、そして味覚にも影響を与えます。食材に「とろみ」を付けるとだけではなく、安定 …

増粘多糖類について

 増粘剤は、セメントや塗料の重要な成分となっています。  火力発電の排煙脱硫から発生する「二水石膏」が、廃棄物利用として現在はセメント製造原料に有効利用されています。アスベストより劣りますが、増粘剤として「メチルセルロー …

大きな有機物は、大きな微生物が分解

 自然界の循環は、微生物が分解の役割分担をしています。この時、大きな有機物は、まず、大きな微生物が行います。これが、一般的な法則です。そして、順次、小さな者にバトンタッチして行きます。  特に、植物のように硬い細胞壁で、 …

自然循環型社会の実現へ 生命の循環

 地球上の生命は、大雑把に分けると「植物」が生産者、「動物」が消費者、そして、「微生物」が分解者として存在していす。  この三者の存在によって、生命の自然循環が行われています。  この中で忘れられがちなのが「微生物」であ …

植物の生殖生長と人間の生殖活動

 植物にも、人間にも「栄養生長」と「生殖生長」とがあります。但し、植物の場合「生長」であっても、人間のような動物の場合には、「成長」と言う字を宛てます。また「生殖成長」でなく、「生殖活動」と呼んでいます。  植物の場合は …

「天の川」「海中の川」「地中の川」

私たちは「川」というと、地表を流れている「川」だけを想像します。 近年になり、海中にも「川」が流れていることが分かって来ました。静岡県の近海では、この「川」の流れは「黒潮」などと呼ばれています。海水の色も、海水の温度も異 …

難読地名の解読

  いつの時代にあっても、治世者の考えることは同じようなものです。不穏な住民の移動を禁止してしまえば、政情不安もかなり抑制されます。   現在の中華人民共和国でも、「都市籍」というものがあり、地方から …

ターミネーター・テクノロジー

何でも枯らす〇〇ンドアップ、〇〇ンドアップでも枯れないトウモロコシ、これが謳い文句で「遺伝子組換えトウモロコシ」が登場しました。 如何にも農民に受けそうですね。栽培が簡単になりそうです。   同様に、これを芝草 …

遺伝子組換え食品による世界支配…

iPS細胞の発見により、地球上の生命体の総てが、未来人(神?)によって造られている可能性が否定できなくなりました。遺伝子が生命の設計図であり、その設計図の書き換えが人類にもできるようになったのです。 しかし、その遺伝子を …

微生物のおはなし 最終回 (会員様向け情報)

さて、「微生物」シリーズも今回で最終回となります。 微生物は地球上に普遍的に存在するので、条件が変わると、その条件に適合したものが増殖して来ます。大きな有機物には、体の大きなカビ(糸状菌)が、小さな有機物には、からだの小 …

微生物のおはなし④ (会員様向け情報)

微生物の話も終盤を迎えてまいりました。前回、お伝えしませんでしたが、「カビの生息状況による分類」を補足的に掲載しておきます。参照ください。 菌根菌(植物の根域に生息) 根系生息菌 絶対寄生菌 ネコブ病菌 ソウカ病菌 分化 …

微生物のおはなし③ (会員様向け情報) 

さて、本日は我々の身近にある酵母菌のお話などをしましょう。カビ大国の日本では、昔よりカビを利用して、健康維持を図って来ました。味噌(みそ)、醤油(しょうゆ)、日本酒、天然酢(てんねんず)、味醂(みりん)、鰹節(かつおぶし …

微生物のおはなし② (会員様向け情報)

微生物のお話の続きです。 同時に、同会研究部が「あんな話、こんな話」の欄でも微生物に関して話を展開しておりますので、そちらもご覧頂ければ幸いです。ジメジメと蒸すの季節に突入し、微生物君たちにとっては居心地の良い季節になり …

微生物のおはなし① (会員様向け情報)

前回の投稿では「マイクロバイオーム」という概念を紹介しましたが。今回より複数回に亘り微生物の話を掲載してまいります。今回はその第1回目です。 微生物とは、肉眼で観察しにくい小さな生物のことを指します。大きさから並べて行き …

「微生物の話」に関連して (会員様向け情報)

バイオ普及会のトピックでは「微生物の話」が展開されております。 実は、植物も、動物も「既に微生物の発生している世界」に何億年も遅れて誕生して来ており、この為、微生物と様々な関わりをもって生活しています。 人は食べた物を消 …

微生物  (会員様向け情報)

本年も猛暑が続いております。 会員の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか? NHK BS放送で『 BS世界のドキュメンタリー 「あなたの中のミクロの世界」』が再放送されていました。「あなたの中のミクロの世界」第1 …

再 芝地と球速・変化球の関係 の考察

芝地と球速の関係は、物理的な要因でおおまかに推測できます。 傾斜角度や風向きなどの影響が大きいからです。 次に、芝地の構造と表面が問題になります。表面の凹凸の影響が大きいからです。次に構造の問題で、コンパクションに関係し …

植物精油の研究 「セスキテルペン類」の例

「植物精油」について   現在では、その構造式も分子生化学的な反応機構も解明されて来ています。 従って、加熱式タバコの器具等を利用した「漢方薬」の利用も考えられます。 その「漢方薬」の成分中の「精油」だけ取出し …

加熱式タバコを使った水銀による殺人未遂事件

2018年1月、まるで「名探偵コ〇ン」にでてくるような殺人未遂事件が起きました。この世代の人達は、こうした、トリックのような犯罪に違和感を覚えないのでしょうか?   私(筆者)は、製薬メーカーに勤務していたころ …

イシクラゲ

最近、古めかしくも新しい研究素材である「イシクラゲ」が、またまた注目され出しています。   このトレハロースを含むブヨブヨとした寒天のような生き物に、チッソ固定能力や光合成能力だけでなく、実は薬効もあるようなの …

ギンゴケ

コケ類は、「胞子」で増えます。 種子 と 「胞子」 の 違い この違いは、「受精するタイミング」の違いです。 ばらまかれる「前」に受精するか、ばらまかれる「後」に受精するかの違いです。 種子というのは、雄花が放った花粉が …

タマゴの講座 アミノ酸スコア

食品蛋白質の栄養価を科学的に示す「アミノ酸スコア」は、人体にとっての必須アミノ酸の量で、食品を判断する方法です。要するに、食品に含まれている必須アミノ酸量で、割合を算出するのです。 人体に必要な必須アミノ酸の含有量が高い …

タマゴ講座 タマゴの構造説明

鶏卵は、卵殻、卵白、卵黄から構成されています。その重量比率はおおよそ1:6:3です。   卵の最外部は「クチクラ層」と呼ばれる、厚さ10μm程度の主に蛋白質でできた脆弱な層で守られていますが、簡単な洗浄や摩擦で …

タマゴ講座 エッグトラブル

栄養価は高いものの「エッグトラブル」は、世界中で起きています。 また、日本の「鶏卵」は優秀ですが、ある事情に関しては、世界中から非難されていることも知っておくべきです。   数か月前に、『欧州タマゴ問題』として …

タマゴ講座 栄養機能強化たまご

アメリカでは、柵なし養鶏、放牧的養鶏などによる「日本の生卵」に近い品質の高価格鶏卵が一部のマーケットで売られ始めています。・・・・日本のようなクロージング鶏舎は法律で禁止されています・・・・   日本では、有精 …

タマゴの講座 タマゴから機能性材料

以前、日本の代表的なタマゴ製品のメーカーさんから、タマゴの殻の処分を依頼されたことがありました。当時の私(筆者)は、若くて何の知恵もありませんでした。肥料にするのには、手間がかかり経済効率が悪いなぁ、程度の話でした。 & …

人口減少の原因と対策

人口減少の原因追及と対策については、全く効を奏していません。現在も、減り続けています。 そこには、生活スタイルの問題や、食生活の問題があるように思えます。しかし、何といっても「男女平等思想」と「男女賃金同一」の問題があり …

「赤門」は「朱雀門」です

古代の都市が、当時の「科学的な法則」で建築されていたことは良く知られています。そして、それは信じられて来ていました。現在も、都市の中に継続して存続しているのです。現在では、非科学的ということで「占い」として存続しています …

藍(あい)染(ぞめ)」の基本は醗酵学

最近、美容院で自然原料の「ヘナ染色法による髪染め」が話題を集めています。 日本には、昔から「藍(あい)染(ぞめ)」という技法がありました。近年では「Japan Blue」と呼ばれています。藍には、解熱・解毒・血液浄化の働 …

「漆(うるし)」の基本は酵素学

漆器は英語で「Japan」と呼ばれています。日本を代表する工芸品です。   「うるし科」の植物には、「ウルシノキ」「ヤマウルシ」「ハゼノキ」「ヌルデ」などがあり、触れるとかぶれます。このうち「漆」として使用され …

子宮頸癌ワクチンの訴訟

子宮頸癌ワクチンは、サリドマイドなどに次ぐ薬害被害の訴訟が起こされています。 その一方で、日本人の子宮頸癌の100%がヒトパピローマウィルス感染(HPV)の原因であり、定期的な子宮頚癌検診で、扁平上皮の異形成の段階で発見 …

インフルエンザウィルスに関する知識

インフルエンザウィルスのワクチンについて、ほとんどの人が無知なのです。 ワクチンで予防はできません。一つのワクチンは、それに合ったインフルエンザにしか影響力がありません。ですから、他のインフルエンザには何の効力もありませ …

ウィルス用「ワクチン」について

人類の存在を「iPS再現生物」であることを疑わせる一つが「ウィルス」です。生物兵器を疑わせるような「物」なのです。 ウィルスは生物ではないのです。それ自体は、生命活動も無く、生体反応もありません。まして増殖活動もしていま …

人体も大地も体力造りは「酵素の力」

アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーの対策は、自身の免疫バランスと免疫力の向上であることを説明して来ました。 そして、免疫バランスを保つこと、免疫力を向上させることの基本は、腸内菌バランスと腸内菌であることを詳細に述 …

アトピー、花粉症、食物アレルギーに大腸菌が効く?

アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーは、「免疫バランス」の乱れであることが分かって来ています。   私たちの体は、「免疫力」によって守られています。この「免疫力」というのは、体内の「免疫細胞」≒「ヘルパーT …

アレルギー性疾患についての私見

当方、全くの門外漢でありますが、植物と動物と微生物を観察していますと、それぞれ、それらが補完的な存在ではないか思っています。 また、それらはお互いに、競合や競争相手であったりもします。 その一例が、「植物は種や根に次生命 …

芝地と球速・変化球の関係の考察

芝地と球速の関係は、物理的な要因でおおまかに推測できます。 傾斜角度や風向きなどの影響が大きいのです。 次に、芝地の構造と表面が問題になります。表面の凹凸の影響が大きい。次に構造の問題で、コンパクションに関係して来ます。 …

有機酸で細菌病や苔藻が増えるという錯誤

有機酸で細菌病や苔藻が増えるという錯誤されている方がいらっしゃいました。 実際には、試験室や圃場で「有機酸を使って細菌病や苔藻を増やす実験」をした人も、成功した人もいません。 脂肪代謝物の有機酸が関与していることが考えら …

菌界と細菌界

菌界            Fungi   鞭毛菌類、担子菌類、接合菌類 子嚢菌類、不完全菌類   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

「菌類」と「細菌類」は違います

 微生物というと「黴菌(ばいきん)」と思われています。(違いますよ~。)  醗酵というと、「善玉菌」と思っている人が沢山います。    酒、味噌、醤油などの醗酵と、チーズや納豆などの醗酵と別な分類の微生物なのですよ。   …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら

製品資料ダウンロード

バイオビジネス普及会入会のお誘い

  • facebook
Copyright © バイオビジネス普及会 All Rights Reserved.